海外向けに着付け師としてのキャリアに興味があるか問いかけをしてみたら?

    先日海外向けのサイトinternational Wabijinにて、以下の記事を配信したところ、USで17年着付けを(自装他装共に)していると言う現地の方からお免状等に関するお問い合わせがありました。 Interested in being a kimono dresser/coordinator?   独学で着付けの技術を身につけ作品撮りを楽しんでいる方や電子雑誌を発行している方、ショップを始めた方など、海外にも着物にお仕事として携わる方を良く見かけます。今後このように、現地の方が、キャリアとして着物に関わってくる方が増えることはとても良いことだと思います。   着物のお仕事をしたい!と言う意識が高い方はやはり最初は日本で発行される本やウェブサイト、さらには実際に日本に来て技術をスクールで身につけると言う方法が一般的です。彼・彼女たちのためになる情報を可能であれば英語でも発信していくことができれば、より質の高い情報を元にサービスを提供してもらえるかと思います。 もし今からバイリンガル着物コーディネーターを目指したいと言う方がいらっしゃれば、その方が育てるのは自分のために学びたいと言う方だけではなく、しっかりとキャリア形成を見据えた方も対象となる可能性があるという事を意識されると、今あるサービスを海外向けにカスタマイズできるのではないかと思います。こちらからも現在いくつかのお教室にご提案をさしあげています^^   まずはサイトを英語にしよう!と思ったらぜひ翻訳サービスをご利用ください。着物特有の言い回しも訳にもなれた翻訳者たちが担当いたします。 Web翻訳サービス詳細はこちら   <お知らせ> 現在英語や他の外国語対応で着付け教室やサービスを提供されている方の情報を募集しております! 海外向けのサイトにてご紹介いたしますのでご連絡くださいませ^^ お問合せフォーム                    

一生学べる着物

    みなさま、改めまして新年明けましておめでとうございます!本年もどうぞよろしくお願い致します。   写真は今年のお正月の着物。妹と着付けしあって子供たちを連れ初詣にいきました。私たちの様子を見ていた子供たち、「着物を着たい!」と思ってくれたようで、来年はまたみんなで揃えようと思いました^^ 数年前、息子が3歳の頃初めて初詣で着せたら道行く人多くの方から声をかけていただき大喜びだったのです!   さて、KIMONO NOTEBOOKで週1回公開している”Share My Story”は昨日で17回目。そのテーマが 「一生学び続けるもの /  Kimonos are something you could study throughout your lifetime」   着物は一生をかけて学び楽しむことができるものでもあります。着てお出かけをする、作品を作る、ファッションとして追求してみる、文化を深く学ぶ、そこから派生したほかの分野に興味を広げてみる。着物にはありとあらゆる可能性が詰まっているのも魅力的です。生涯学習のテーマとして、提案していただけませんか? KIMONO NOTEBOOKメンバーの方はこちらから 未登録の方はこちらから   一生をかけて学べるものだけに、お仕事として携わるかただけではなく、趣味として着物を深く、そして日本語と英語の2ヶ国語で学べる教材としてご利用いただけたら嬉しいです!日本語だと??な内容も、英語ならすんなり理解できるものが多くあります。言葉の違いや、言葉を通して着物の文化を見ることもとても面白いですよ!   英語で着物に関する記事を読んでみようかな!と思ったら海外向けのサイトinternational Wabijinもぜひご覧くださいね。     それでは、本年もどうぞよろしくお願い致します。 Bilingual Kimono Coordinator運営者 HARUKA       募集! 海外向けに英語で記事を書きませんか? 詳細はこちらからお問合せください。              

本年もありがとうございました!

      みなさま、2016年も多々お世話になりまして本当にありがとうございました。   今年は着物英語辞書を含むKIMONO NOTEBOOK、着物英語の実践会や撮影、12月には着物のスタイリング等で無事1年を締めることができました。   来年は一つ、計画をしているプロジェクトがあり、そこではやはり英語対応ができる着付師の方々にもお仕事として参加いただきたく、実践会に参加された方を優先的にお声がけさせていただこうと思っています。日本語が話せない方が対象となりますので、少々高度な英語力が必要とはなりますが、お仕事の幅を広げたい方にぜひご参加いただければと思っています。   今年もさらに多くの方々とのご縁をいただき感謝の気持ちでいっぱいです。それでは、来年もどうぞよろしくお願いいたします!   PR 先日着物のスタイリングをしてきたジェシカさん出演のNHKの番組は明日1日お昼の12時からです!番組もとても興味深い内容ですよ。ぜひご覧くださいね。 初春 世界を魅了!伝統芸能のパイオニアたち            

着付けの英語レッスンをなさっている方とお会いし一緒に未来を語りました♪

      みなさま、こんにちは!   先日大阪を拠点に活動なさっているurusuraさまより、ご連絡があり、先日急遽都内でお会いしました!! あ、もちろん初対面です^^ 意外にも共通点が多々あり、あっという間のお時間でした。   urusuraさま公式サイトは以下をごらんくださいませ。 花京都きもの学院フェイスブック 英語ページ(公式) 英語ページ(個人)   urusuraさまも着物を海外の方へ、と強く意識されていらっしゃり、英語での着付けレッスンも担当されていらっしゃいます。KIMONO NOTEBOOKもご利用くださっておりますが、ご本人は抜群の英語力をお持ちであることが分かりましたので、今後”英語”の部分でもお力をお借り頂くこととなりました♪   外国人のご友人で着物にご興味がある方がいらっしゃれば、ぜひ英語での着付けレッスンをおススメくださいね♪ また urusuraさまのように、海外の方にも着付けの技術や着物の楽しさを伝えていける方が増えて欲しいと思います。     Bilingual Kimono Coordinatorでは、その先のアイデアとプランがたくさんあります!! その実現のためには、他言語対応が可能な着付け師さんを初め着付け講師の方々の協力が必要です!! 海外には、日本にはない需要を見出せるので、語学のレベルに応じたお仕事に繋げる可能性を秘めています!       現在英語で着付けレッスンやサービスを提供されている方、また海外での可能性に一緒に便乗して頂ける方はぜひお気軽にご連絡ください^^     英語で着付け師・着付け講師を目指すならKIMONO NOTEBOOKをご活用ください      

着物を通して”一番”海外に発信していきたいことは?

    着物は日本が平和だったからこそ生まれた美しい文化、であると、どこかの記事で読みました。私自身の根本にある活動動機も「世界平和」です。   日本人は比較的平和主義者も多く、社会も平和。   平和ぼけも、一時はリスキーという考えを持ちましたが、実はそれって幸せなことなのかもという新たな認識も得ました。   着物がある生活は何をもたらしてくれるでしょうか。   着るのは、現実問題慣れるまでは心身ともに、かなりの労力を要しますが(笑)でもその過程一つ一つをみていくと、心を落ち着かせてくれるポイントが多いことにも気付くはずです。   着物を見て、「きれいだなー」と思いながら攻撃的になる人はいません。 お値段も結構するので、扱いには気をつけるようになるでしょう。 汚さないように、、、 傷つけないように、、、。 そんな、着物を思いやる心は、他人を思いやる気持ちにも似ています。 着物をたたむときも、丁寧に、、を心がけます。 帯や小物とのコーディネートは、ワクワクして楽しいですね!   たった1セットお気に入りの着物がそばにあるだけで、心の在り方に変化を感じる。   平和な世界から誕生した着物だからこそ、着物を通して平和であることの良さを伝えることもできる。そう実感したのが、海外向けに発信を始めた動機です。   もう10年以上も前の留学時代。ルームメイトだったイラクの女性と一緒にテレビを観ていた時、「今爆弾が落ちたの実家のすぐ近く。」とつぶやいた彼女は当時敵国に住み、イラク出身であることも隠していました。日本はこんなに平和なのに、まだ同じ時代に戦争があり、小さな子供達も毎日怯える生活。   平和になることはそんなに難しいことなのでしょうか、、、。だからといって大きなことができるわけではないので、私にできることは、対個人レベルで着物を体験してもらえる機会を作ること。高い技術を持った着付け師さんたちと一緒に、その機会を海外に展開していくこと。それだけでも、もしかしたらひとりひとりの気持ちの中に、平和の輪が広がってくれることを期待しています。着物と平和をテーマに何かメッセージを伝えていけるのも平和な社会を知る私たち日本人にできることだと信じ続けてきたこの10年でした。   なので、Bilingual Kimono Coordinatorと名付けたこのポジションの方にはそうした想いも伝えていって欲しいなーと、ついつい期待をしてしまうところなのです!   みなさんは、着物を通してどのような伝えたいメッセージを伝えたいですか?        

英語対応の着付けレッスン等をされている方、海外向けにPRしませんか?

  model: Jessica Gerrity(Tv Personality) photographer: Noriko Komiya hair: Yoko  makeup: Ai kimono dresser: Kimono Experience and Reiko styling: Seiko  kimono: Chihiro Ogawa host by Kimono Experience  & Bilingual Kimono Coordinator     既に英語やその他の言語で着付けレッスンやサービスを対応されている方はいらっしゃいませんか? もしくはご存知ではありませんか? 海外向けのサイト、international Wabijinにて、ご紹介させていただく専用ページの準備を進めています。こちらで提供されているサービスを掲載いただけます。   ただしリンク先となるサービスページは英語や、対象となる言語であることは必須とさせて頂きます。この機会に英語のページを!という方はぜひ翻訳サービスのご利用もご検討くださいませ。英語ページ等お持ちでしたら掲載は無料となります。   日本でぜひ本物の着物体験をしてみたい!という海外の方に、その機会を提供提供できるきっかけとなればと思います。   みなさまからのご連絡をお待ちしております!!        

着付け英語実践会について

    先月行った着付け英語実践会&撮影会では、良い点、改善点ともに洗い出された会となりました。   まず良い点としては、実際に着付け師の方が外国人の方への着付けの実践を踏めたことで、また新たな認識やコツなども体感できたのではないかと思います。日本人とは違う体系や骨格に、いかにきれいに着付けるか、実際に体験されたことによりそれぞれの腕に磨きを掛けていただけたのではないかと思います。   改善点としては、一部撮影時に加えまして、着付けの英語対応の実践という部分では今回はサポートの不足がありました。また撮影があることで、そちら寄りの運営になったことも、今後改善の課題として明確となりました。今後は英語対応実践についてはより学びの環境にフォーカスできる形式を検討していますので、ご関心がある方はぜひご参加ください。   またそれをサポートするためのKIMONO NOTEBOOKのコンテンツも徐々に増えていますので、活用いただければと思います。着物そのものの英語での説明が出来ることはきっと一部の専門のお仕事をされる方に限られると思います。そこを目指すというよりは、ご自身の言葉で着物があるライフスタイルの魅力を発信していける、そんなBilingual Kimono Coordinatorの方が増えてくれたら嬉しいです!    

海外向けに記事を配信する際に生じている問題について、みなさまにご相談です!

    海外に着物の魅力を発信していきましょう!ということで、着物に携わる方向けに、語学面からのサポートをさせていただいておりますが、その一つで海外向けに着物があるライフスタイルの魅力を伝える英語でのサイト、international Wabijinがございます。   こちらでは少しずつですが、着物のブランドや、コーディネーターさん、着物ショップ様のご紹介も行っています。ですが、ひとつ問題が生じています!   記事の最後にこちらのご紹介でした、というリンクを入れたいのですが、 リンク先となる英語のページがない ことが大半なのです。   記事が英文のためリンクも英語であれば、海外の着物ファンにとってはこの上ない情報源となるのですが、やはりまだまだ着物に関するサイトは日本語が主流です。   Mr.Googleの翻訳などでだいぶ自動翻訳の機能は、その精度を上げていますが、着物独特の表現は、訳にかかるとちんぷんかんぷん・・・ということも見逃せませんよっ!   そこで着物に携わるみなさまへご相談です!!   海外にも情報を発信していきたいです!!という方はぜひ 英語のページを作成なさいませんか?     サイト丸ごと翻訳をする必要はありません。たった1ページ、英語で紹介するページがあればいいのです。   先日も記事を出した際に、海外の方からFBでメッセージをいただきました。 「サイトで詳細を知りたいのに日本語だから読めませんでした、、、。」   着物に興味をお持ちの方の、こうしたお悩みを解消すべく、ぜひ翻訳のサポートをさせていただけたら嬉しいです!私どもは着物に特化した翻訳に対応しており、着物に詳しい翻訳者がおります。 翻訳にご関心をお持ちいただけましたら、詳細は以下フォームよりお問い合わせください。みなさまからのご連絡をお待ちしております!   お問い合わせフォーム                  

いよいよ明日

  みなさま、こんばんは! 着物英語対応実践会はいよいよ明日です。 お天気も良さそうですし、 参加されるみなさま、よろしくお願いいたします!   撮影途中レポ、あげようと思います。 お楽しみに(^∇^)    

EN Page is almost ready! KIMONO NOTEBOOKを片手に、海外からのお客様が来るかも?

  English follows Japanese   外国語対応が可能なバイリンガル着物コーディネーターを目指したい方向けに、国内向けにご提供しているオンラインの着物英語辞書、KIMONO NOTEBOOKですが、海外向けにも対応に向け、英語ページの準備を進めています。   観光で日本に来た際に、着付けサービス利用時や、着物ショップを訪れる際に、このKIMONO NOTEBOOKを片手に海外のお客様がいらっしゃるかもしれません?!   着物に興味のある海外の方は予想以上に多くいらっしゃるので、このKIMONO NOTEBOOKが理解の助けになれば嬉しく思います。   ローンチも間もなくです!   KIMONO NOTEBOOK is an online kimono dictionary to whom wants to be an bilingual kimono coordinator to learn kimono in English, French, Spanish and Chinese. It is currently available in Japanese as a service, but we are working on…

着付け英語実践会はプチ課題も

    26日は外国人のモデルさんをお迎えして、着付け師さんの英語対応の実践も兼ねた撮影会です。当日は着付けプラスαを目標に、事前課題もお願いしています。こう聞かれたらあなたはどう答える?という趣旨で着物に関連する数個の質問に対しそれぞれご自身の言葉で回答を用意いただき、当日担当のモデルさんに説明をしていただくのです。モデルさんたちにも質問があったら遠慮なく聞いてくださいね、とお伝えしているので、その場の会話も楽しめるはずです!   数年前に着付け英語の勉強会を開催したのですが、何も知識を入れぬまま当日学びに来る、というスタイルはどうにも効率が悪いことがわかり、課題を事前に用意し、それを実践を通してブラッシュアップしていただく方法を今回は選択しました。この方が断然向上されると思います!   さて、当日は撮影が大目玉!なので今回はどのような写真ができあがるのか、スタッフ一同もドキドキです 笑          

海外でキモノイベントに向けて

      Bilingual Kimono Coordinatorの運営を始めたときから、Bilingual Kimono Coordinatorを目指す方々には日本ではなく海外で活躍していただこう、という前提で考えてきました。日本にいる外国人に限られるとやはりパイが非常に少ないことも理由の一つですし、海外には着物を着てみたい!という女性たちが思っている以上にいることも知ったからです。   手始めとしては着物英語を覚えることかな?ということでこの数年PDFでテキストをご提供してきましたが、今回KIMONO NOTEBOOKとして画像や音声も加えることができたことで、より便利な辞書になってきたのではないかと思っています。PC、タブレット、スマホと、状況に応じて使い分けができる利便性も加わりましたし、現在用語は400程度ですがこれから2-3か月以内に1000近くまで増やす予定で今も準備を進めています。     日英で学ぶ楽しさ       実際に、各専門用語について説明する機会がある方というと、着物店舗のスタッフさんや、工房を案内される方などピンポイントの方に限られることも理解しています。それもあって、用語集ができたらその次は着物を通して五感で感じることや、体験したことを英語でも伝えられるようになる、という目標に向け、その点をカバーするコンテンツを展開していきたいと思います。   用語だけでも日本語と英語で学ぶ、というプロセスは意外に面白い発見があります。読んでみると学びも深みが出ますし、とても楽しいことが、制作段階で私が体験済みですから、着物好きのみなさんも、この楽しさを体験していただけたら嬉しく思います。     海外でのイベント       さて、先日海外を飛び回るフォトグラファーの女性と久しぶりにランチをしたのですが、『海外で着物のイベントをやりたい!』というと『USの●●ならすぐできますよ!、あの国も、あの国もできるできる!着物を着てみたい!という女性が世界中に沢山いるんですよ。』という彼女の言葉に、すっかりテンションが上がってきました!     この数年でこのサイトの運営や、着物英語レッスン、浴衣パーティー、茶道ワークショップ等を開催するうちにやってみたいことがだんだん具体化されてきています。今は”海外で着物イベント”も大きな目標の一つで、いずれこのBilingual Kimono Coordinatorを目指す方々と一緒に海外を巡業したいと思っています!   その第一弾が、彼女と会ったことで、現実味を帯びてきたのですから、ワクワクしないわけがありませんよね!   ご興味がある方はぜひ今から着付け+語学もBrush upしておいてくださいね♪『行きますよー!』という時に一緒に行ける方がたくさんいたらいいな!と夢を膨らませています。