04.Kimono Coordinator

着物の市場を海外に広げる必要性

 

20110421着物を海外へ
 

着物に限らず、これからは海外市場を視野に入れていく必要がでてきます。
 

呉服業界に関して言えば、国内市場のみでは飽和状態。その規模もあのユニクロ一社の売上を下回ります。海外に市場を広げ、着物の価値を知ってもらう。価値が分かれば”買いたい”!”という欲求が生まれ、
新たな販路が確保する可能性は十分にあるでしょう。
 

課題はどうやって着物の価値、魅力を伝えていくか。その役目を担い、呉服業界全体の未来を変える力があるのがまさに”バイリンガル着物コーディネーター”です!
 

現在、大手の着物教室も、海外で着物のファッションショーを開催するなど、その活動範囲は広がっています。バイリンガル着物コーディネーターとして、対個人向けに活動を広げることで、地道ではあるものの個人レベルまで着物に関する情報を浸透させていくことができます。
 

着物コーディネーターは、ただ語学の上達を目指すだけではなく、着物の魅力を”どう伝え知ってもらうか”また、”体感することをどう言葉で補足していくか”を意識し、サービスをご提供していくことに精進するに尽きます。
 

海外の方は私たち日本人としての同じ文化背景がありません。感覚を言葉で伝えても100%同じことを感じることは不可能です。海外の方へサービスを提供していくことで、新たな価値観や感覚も生まれていくでしょう。
 
 

そこに新しい着物の世界が生まれます。
 
 

その体験を今度は日本人へフィードバックし、新しい着物の価値観を創り上げていくこともバイリンガル着物コーディネーターとしての大切な役目の一つなのかもしれません。
 

あなたもバイリンガル着物コーディネーターを目指してみませんか?
 

あなたのビジネスパートナーに
KIMONO NOTEBOOKアクセスはこちらから
 
 
 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s