ご挨拶と今後の更新につきましてお知らせ

  いつもお読みくださっているみなさまへ   2017年も1年間、お読みくださりありがとうございました。   あっという間に年の瀬を迎えてしまいましたが、今日は大切なお知らせが一つございます。当サイトはBiliangual Kimono Coordinatorを目指したいという方に向け語学のサポート面を主にKimono Notebookや翻訳サービス等をご提供してまいりました。現在は海外の方が着物を学ぶ一教材としてもご活用いただいております。 また運営をする中で、語学の壁は思っている以上に高いものであり、また海外からは着付け師になりたいという方からのお問い合わせが増えておりますため、現在外国語対応が可能な着物の講師の方々と共に、そちらに注力しての活動に切り替えることにいたしました。そこで、今後はこちらのサイトの更新を一旦休止とさせていただきます。   Kimono Notebookをご利用の方は引き続きご利用いただけますのでご安心くださいませ。   これまでサイトやFacebook等で応援くださったみなさまには感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。   今後も海外向けのサイトinternational Wabijinは、更新して参りますのでよろしければそちらもご覧いただけましたら嬉しく思います。   kimono biz運営事務局      

契約の前にミスコミュニケーションを避けるために確認したい事項

  海外企業との契約となると、ただでさえ壁は高いところですが、言葉の壁がないはずのネイティブ同士でも起きてしまうのがミスコミュニケーション。それは企業間同士が異業種だとより起こり得ることなのかもしれませんし、国違えばそのリスクはさらに高まります。   なぜそんなことが起こるのか? よくよく原因を突き詰めてみるとあるプロセスを行わなかったために起きてしまうことが分かります。   それは、「お互いの前提条件の確認」です。   同業内で仕事をしている分にはお互いがその業界の常識を理解していますし、わざわざ伝えなくともよいことかもしれません。「これは当たり前のことだよね」と思って話を進めていたら、実は違っていて結果が予想と全く異なるものになってしまった、、、 という事例をこの半年で2回ほど目の当たりにしましたので共有したいと思います。   すぐに修復できるものであれば大きな問題となりませんが、売り上げに直接関わってくることとなると大きな問題にもなりかねません。 もし海外、に限らず異業種とのビジネスの話が持ち上がった際には、お互いに「前提事項」一度洗い出し共有することがリスク管理にも繋がるでしょう。 「あなたの当たり前は、相手は知らない」という前提で話し合いを進めるよう心掛けてみてください。              

The current situation of the Kimono industry

  Firstly, I just want to ask you one simple question… how often do you see a person wearing kimono in Japan? You might say that you see a lot in Kyoto or at a coming of age ceremony, summer festivals or wedding receptions. But you probably don’t really see a person wearing kimono on…

国内企業と海外企業間の契約の高い壁

ビジネスのグローバル化に伴い、契約も国内企業間だけではなく、対海外企業へも広がっていくことが今後必死となると思います。最近ある案件で契約の壁の問題についても感じたことがあったので情報共有としてご紹介します。 商習慣とは各国それぞれ異なる故、どうしてもどちらかがある時点で譲歩することが必至となるのですが、日本の契約書は最後に、ある程度すべてをカバーしてしまうようなあいまいな表現で締める傾向があるのに対し、契約社会である海外の企業はそれに納得がいかない。 すべて想定できることを契約書に盛り込むことを要求します。 その違いによって、嫌気を指してしまうと契約破棄という最悪のシナリオも。 お互いにどこまで妥協できるのか事前の線引きは必要だと感じます。契約書がすべてであるだけに、時間も労力もかかるプロセスですが、その壁を乗り越えた先のビジネスがどのように広がるのかを考えたらうまく切り抜けたいポイントですね! 法人だけではなく個人でも対海外とビジネスをするのであれば自分自身のビジネスを守る意味でも、契約書は必ず用意することを検討した方がいいでしょう。    

サイト名変更のお知らせ

  この度、Bilingual Kimono Coordinatorから kimono biz にサイト名を変更いたしました。ドメインも変更を予定しておりますので最新情報はFacebookページにてご確認をいただけますと幸いです。   Facebook: https://www.facebook.com/bkc.notebook/   海外の方からの様々なお問い合わせを受け、この数か月検討をしてきておりましたが、バイリンガルの着物コーディネーターと制限を設けることなく、着物に携わる仕事を一つのキャリアとして選択肢に入れてもらえるような情報発信をしていこうと思います。記事により日英表記にて対応する予定でおります。   今後ともどうぞよろしくお付き合いください。 kimono biz運営事務局          

KIMONO NOTEBOOK退会の理由

        Bilingual Kimono Coordinatorでは、英語対応の着物コーディネーターを目指す方、また生涯学習として英語で着物を学びたいと言う方向けにKIMONO NOTBOOKという着物用語の辞書等のサービスを提供しておりますが、先日お一人の方が退会されました。その理由を伺ったところ、以前よりある程度把握していた点を改めて再認識したことと今後の課題が見えて参りました。     こちらが実際に頂いたご意見です。   退会の理由は、一言で言えば使いこなせなかった、、となります。   私は長いこと着付けの仕事をしていますが、オリンピックまでには 海外の方々に着物の事を知ってもらえる活動がしたいと思っておりましたが、実際は英会話の勉強もはかどらず、着物ノートブックもたまにみる程度で、送っていただくテーマも書けるほどの英語力が無く、とても素晴らしい教材があっても使えていないような現状でした。このノートブックは 着物関係の細かい説明まで沢山あって、日常英会話が出来る方ならば、とても役に立つと思います。私に 英語力が伴わず 残念です。         着付け師としてのご経験を非常にお持ちですが言葉の壁があったようです。確かに表現によっては聞き慣れないものもあり難しく感じてしまうかもしれません。   ただ技術をお持ちであれば、言葉の壁を理由に、海外の方にも着物のことを知ってもらうための活動はあきらめないでいただけたらと強く願っております。   活動の内容によって語学力が必要なものもあればある程度ジェスチャーや単語のみでカバーできるものもありますから、重要なのは、自分がどのポジションで活動をしていくか、と言う点に尽きると思います。   着付けサービス、に特化するのであればさほどの語学力は必要ありませんし、逆に技術があることが一番の強みとなります。語学力は足りなくても、会話を少し楽しみたい、「これだけは伝えたい!」という気持ちさえ持てば最小限の範囲で英語で話せるようにしてみるなど目標の幅を狭めることで、ゴールが見えやすくなります。その結果やる気も出ますしすぐに結果も見えて次への意欲にも繋がりますよ!   子育てではありませんが、達成できそうな目標のもう一歩上、に目標を設定すると、達成できそうな手前の目標は難なくクリアしてしまうという事例もあります。ぜひ応用してみてくださいね!     今回頂いた貴重なご意見は今後に活かしたいと思っています。現在ご利用くださっている方もお気づきの点があれば遠慮なくお声をいただけると助かります。どうぞよろしくお願い致します!      

海外向けに着付け師としてのキャリアに興味があるか問いかけをしてみたら?

    先日海外向けのサイトinternational Wabijinにて、以下の記事を配信したところ、USで17年着付けを(自装他装共に)していると言う現地の方からお免状等に関するお問い合わせがありました。 Interested in being a kimono dresser/coordinator?   独学で着付けの技術を身につけ作品撮りを楽しんでいる方や電子雑誌を発行している方、ショップを始めた方など、海外にも着物にお仕事として携わる方を良く見かけます。今後このように、現地の方が、キャリアとして着物に関わってくる方が増えることはとても良いことだと思います。   着物のお仕事をしたい!と言う意識が高い方はやはり最初は日本で発行される本やウェブサイト、さらには実際に日本に来て技術をスクールで身につけると言う方法が一般的です。彼・彼女たちのためになる情報を可能であれば英語でも発信していくことができれば、より質の高い情報を元にサービスを提供してもらえるかと思います。 もし今からバイリンガル着物コーディネーターを目指したいと言う方がいらっしゃれば、その方が育てるのは自分のために学びたいと言う方だけではなく、しっかりとキャリア形成を見据えた方も対象となる可能性があるという事を意識されると、今あるサービスを海外向けにカスタマイズできるのではないかと思います。こちらからも現在いくつかのお教室にご提案をさしあげています^^   まずはサイトを英語にしよう!と思ったらぜひ翻訳サービスをご利用ください。着物特有の言い回しも訳にもなれた翻訳者たちが担当いたします。 Web翻訳サービス詳細はこちら   <お知らせ> 現在英語や他の外国語対応で着付け教室やサービスを提供されている方の情報を募集しております! 海外向けのサイトにてご紹介いたしますのでご連絡くださいませ^^ お問合せフォーム                    

一生学べる着物

    みなさま、改めまして新年明けましておめでとうございます!本年もどうぞよろしくお願い致します。   写真は今年のお正月の着物。妹と着付けしあって子供たちを連れ初詣にいきました。私たちの様子を見ていた子供たち、「着物を着たい!」と思ってくれたようで、来年はまたみんなで揃えようと思いました^^ 数年前、息子が3歳の頃初めて初詣で着せたら道行く人多くの方から声をかけていただき大喜びだったのです!   さて、KIMONO NOTEBOOKで週1回公開している”Share My Story”は昨日で17回目。そのテーマが 「一生学び続けるもの /  Kimonos are something you could study throughout your lifetime」   着物は一生をかけて学び楽しむことができるものでもあります。着てお出かけをする、作品を作る、ファッションとして追求してみる、文化を深く学ぶ、そこから派生したほかの分野に興味を広げてみる。着物にはありとあらゆる可能性が詰まっているのも魅力的です。生涯学習のテーマとして、提案していただけませんか? KIMONO NOTEBOOKメンバーの方はこちらから 未登録の方はこちらから   一生をかけて学べるものだけに、お仕事として携わるかただけではなく、趣味として着物を深く、そして日本語と英語の2ヶ国語で学べる教材としてご利用いただけたら嬉しいです!日本語だと??な内容も、英語ならすんなり理解できるものが多くあります。言葉の違いや、言葉を通して着物の文化を見ることもとても面白いですよ!   英語で着物に関する記事を読んでみようかな!と思ったら海外向けのサイトinternational Wabijinもぜひご覧くださいね。     それでは、本年もどうぞよろしくお願い致します。 Bilingual Kimono Coordinator運営者 HARUKA       募集! 海外向けに英語で記事を書きませんか? 詳細はこちらからお問合せください。              

本年もありがとうございました!

      みなさま、2016年も多々お世話になりまして本当にありがとうございました。   今年は着物英語辞書を含むKIMONO NOTEBOOK、着物英語の実践会や撮影、12月には着物のスタイリング等で無事1年を締めることができました。   来年は一つ、計画をしているプロジェクトがあり、そこではやはり英語対応ができる着付師の方々にもお仕事として参加いただきたく、実践会に参加された方を優先的にお声がけさせていただこうと思っています。日本語が話せない方が対象となりますので、少々高度な英語力が必要とはなりますが、お仕事の幅を広げたい方にぜひご参加いただければと思っています。   今年もさらに多くの方々とのご縁をいただき感謝の気持ちでいっぱいです。それでは、来年もどうぞよろしくお願いいたします!   PR 先日着物のスタイリングをしてきたジェシカさん出演のNHKの番組は明日1日お昼の12時からです!番組もとても興味深い内容ですよ。ぜひご覧くださいね。 初春 世界を魅了!伝統芸能のパイオニアたち            

着付けの英語レッスンをなさっている方とお会いし一緒に未来を語りました♪

      みなさま、こんにちは!   先日大阪を拠点に活動なさっているurusuraさまより、ご連絡があり、先日急遽都内でお会いしました!! あ、もちろん初対面です^^ 意外にも共通点が多々あり、あっという間のお時間でした。   urusuraさま公式サイトは以下をごらんくださいませ。 花京都きもの学院フェイスブック 英語ページ(公式) 英語ページ(個人)   urusuraさまも着物を海外の方へ、と強く意識されていらっしゃり、英語での着付けレッスンも担当されていらっしゃいます。KIMONO NOTEBOOKもご利用くださっておりますが、ご本人は抜群の英語力をお持ちであることが分かりましたので、今後”英語”の部分でもお力をお借り頂くこととなりました♪   外国人のご友人で着物にご興味がある方がいらっしゃれば、ぜひ英語での着付けレッスンをおススメくださいね♪ また urusuraさまのように、海外の方にも着付けの技術や着物の楽しさを伝えていける方が増えて欲しいと思います。     Bilingual Kimono Coordinatorでは、その先のアイデアとプランがたくさんあります!! その実現のためには、他言語対応が可能な着付け師さんを初め着付け講師の方々の協力が必要です!! 海外には、日本にはない需要を見出せるので、語学のレベルに応じたお仕事に繋げる可能性を秘めています!       現在英語で着付けレッスンやサービスを提供されている方、また海外での可能性に一緒に便乗して頂ける方はぜひお気軽にご連絡ください^^     英語で着付け師・着付け講師を目指すならKIMONO NOTEBOOKをご活用ください      

着物を通して”一番”海外に発信していきたいことは?

    着物は日本が平和だったからこそ生まれた美しい文化、であると、どこかの記事で読みました。私自身の根本にある活動動機も「世界平和」です。   日本人は比較的平和主義者も多く、社会も平和。   平和ぼけも、一時はリスキーという考えを持ちましたが、実はそれって幸せなことなのかもという新たな認識も得ました。   着物がある生活は何をもたらしてくれるでしょうか。   着るのは、現実問題慣れるまでは心身ともに、かなりの労力を要しますが(笑)でもその過程一つ一つをみていくと、心を落ち着かせてくれるポイントが多いことにも気付くはずです。   着物を見て、「きれいだなー」と思いながら攻撃的になる人はいません。 お値段も結構するので、扱いには気をつけるようになるでしょう。 汚さないように、、、 傷つけないように、、、。 そんな、着物を思いやる心は、他人を思いやる気持ちにも似ています。 着物をたたむときも、丁寧に、、を心がけます。 帯や小物とのコーディネートは、ワクワクして楽しいですね!   たった1セットお気に入りの着物がそばにあるだけで、心の在り方に変化を感じる。   平和な世界から誕生した着物だからこそ、着物を通して平和であることの良さを伝えることもできる。そう実感したのが、海外向けに発信を始めた動機です。   もう10年以上も前の留学時代。ルームメイトだったイラクの女性と一緒にテレビを観ていた時、「今爆弾が落ちたの実家のすぐ近く。」とつぶやいた彼女は当時敵国に住み、イラク出身であることも隠していました。日本はこんなに平和なのに、まだ同じ時代に戦争があり、小さな子供達も毎日怯える生活。   平和になることはそんなに難しいことなのでしょうか、、、。だからといって大きなことができるわけではないので、私にできることは、対個人レベルで着物を体験してもらえる機会を作ること。高い技術を持った着付け師さんたちと一緒に、その機会を海外に展開していくこと。それだけでも、もしかしたらひとりひとりの気持ちの中に、平和の輪が広がってくれることを期待しています。着物と平和をテーマに何かメッセージを伝えていけるのも平和な社会を知る私たち日本人にできることだと信じ続けてきたこの10年でした。   なので、Bilingual Kimono Coordinatorと名付けたこのポジションの方にはそうした想いも伝えていって欲しいなーと、ついつい期待をしてしまうところなのです!   みなさんは、着物を通してどのような伝えたいメッセージを伝えたいですか?        

英語対応の着付けレッスン等をされている方、海外向けにPRしませんか?

  model: Jessica Gerrity(Tv Personality) photographer: Noriko Komiya hair: Yoko  makeup: Ai kimono dresser: Kimono Experience and Reiko styling: Seiko  kimono: Chihiro Ogawa host by Kimono Experience  & Bilingual Kimono Coordinator     既に英語やその他の言語で着付けレッスンやサービスを対応されている方はいらっしゃいませんか? もしくはご存知ではありませんか? 海外向けのサイト、international Wabijinにて、ご紹介させていただく専用ページの準備を進めています。こちらで提供されているサービスを掲載いただけます。   ただしリンク先となるサービスページは英語や、対象となる言語であることは必須とさせて頂きます。この機会に英語のページを!という方はぜひ翻訳サービスのご利用もご検討くださいませ。英語ページ等お持ちでしたら掲載は無料となります。   日本でぜひ本物の着物体験をしてみたい!という海外の方に、その機会を提供提供できるきっかけとなればと思います。   みなさまからのご連絡をお待ちしております!!